会話は、話すよりも「聞く」・「話を引き出す」ことが重要!

相手のことを意識して臨もう

 

【質問】C佳さんのケースでは…

 

お見合いでは第一印象がだいじだとききました。

 

では、その第一印象をよくするためにはどのようなことに注意してお見合いに臨むとよいのでしょうか?

 


 

相手のことを考えた会話をしてますか?

 

お見合いで成功するためには、まず「第一印象」をよくするということが大切です。それと同じくらいに「会話」も大切な要素です。

 

この2つに言える事は、必ずそこには相手がいるという事です。

 

ですから、マナーや礼儀をしっかりと守るのはもちろん、相手の事を考えて会話をするということが大切なんですね。

 

 

オレオレ・トークをしていませんか?

相手の気分を害さないことが一番です。お見合いでよくある失敗として、「自分の事ばかり話してしまう」という事があります。

 

 

 

会話が苦手な人は何を話そうか悩んでいるうちに自分の興味のある事を一方的にベラベラ喋ってしまう傾向があります。

 

 

 

そうするとどうでしょう。

 

 

 

相手は、ずっとあなたの興味ある話だけを聞いていなくてはいけません。これでは退屈ですよね?

 

 

 

さらに過去の栄光などの「自慢話」なんてされたら最悪です。

 

 

 

ポイントは相手に会話をさせること!

人の自慢話というのは聞いていて楽しいものではありません。しかも「子供っぽい」「自分を美化している」という印象がつきやすくなるため、気をつけなければいけません。

 

 

 

お見合いをスムーズにすすめるためには「相手の話をよく聞く」「相手の話を引き出す」ということが必要です。

 

 

 

また、印象をよくするには「服装」や「マナー」も大切です。服や髪型は清潔感がある品のあるものをチョイスしましょう。爽やかで汚れの無い雰囲気はだけでもよい気持ちになれますね。

 

 

 

結婚できるうちに行動を

男性の生涯未婚率は年々増加しています。2010年時点でも20%を越えたのですが、2030年までには29.5%になるというから驚きです。

 

 

それだけ、真剣に取り組みをしないと結果に結びつかないわけなんですね。だからこそ、いまできることをしておくことが大切です。まずは、無料の資料請求から始めてみませんか?