自己開示で会話が弾む!

自己開示で会話が弾む!

異性と初対面であったとき、質問をすることで、婚活がうまくいくと言われていますよね?
だから、質問を繰り返す人がいますが、それでは仲良くいきません。

 

 

 

言葉で説明するよりも、まずは会話例を見てみましょう。

 

B夫くん「A子さん、休みの日はいつなんですか?」
A子さん「日曜日です。」
B夫くん「休みの日はどのようなことをしているんですか?」
A子さん「うーん・・・。買い物と・・・カフェに行ったりしています。」
B夫くん「・・・。(え・・・と、次の話題はどうしよう・・・。)」

 

うまく会話ができない人は、たいていこのような失敗をしています。

 

 

 

これでは、会話は盛り上がらないし、なんだか尋問を受けているようで、女性も好印象を持つことはないでしょう。では、どのようにしたら、会話が弾むことができるのでしょうか?

 

 

 

じつは、恋愛心理学でよくでてくる「自己開示」を活用して会話力をアップさせることが会話力をアップする秘訣になるのです。

 

 

 

そもそも「自己開示」って何?

人間は、不思議なことに自分のことを話してくれる人に好感を持つ習性があります。自分の情報を相手に伝える行為が『心を開いている』ことを示しているため、無意識のうちに好感を持つというわけなんですね。

 

 

ただ、恋愛テクニックを良く知っている人の中には、「自己開示」をすればいいというけれど、女性からオレオレトークとして受け止められてしまうと、逆に嫌われるんじゃないの?と不安を感じ手しまう人もいるでしょう。

 

 

 

たしかにオレオレトークは、自己開示といえども相手から嫌われる傾向があります。

 

 

 

けど、逆にいえば、使い方次第で、好意を持たれたり、嫌われたりするほど、強力なパワーを持っているということなんですね。だからこそ、正しい使い方をマスターすれば、強力な武器にもなるのです。

 

 

 

それでは、正しい使用例を見てみましょう^^

 

B夫くん「A子さん、休みの日はいつなんですか?」
A子さん「日曜日です。」
B夫くん「私も日曜日なんですよ〜。
      ただ、最近、テニスを始めたんだけど、久しぶりすぎて筋肉痛なんだよね^^;」
A子さん「え〜。そうなんですか〜?」
B夫くん「そうそう、年なのかな?キビシ〜。」
A子さん「あははは」
B夫くん「A子さんは、休みの日に運動したりしてる?」

 

さきほどの例文を少しだけ変化させてみましたが、質問する前に「自己開示」をするだけで、会話は一気に広がりますよ。

 

 

 

婚活サイトを利用して出会いを見つける

婚活サイトで出会いを見つけませんか?
通常では出会えない女性と出会えるチャンスがあります。

 

じっさい、私も婚活サイトで出会うことができました。ぜひ参考にしてくださいね^^

 

詳細はこちら