言葉の締めに自分の感情を入れてますか?

言葉の締めに自分の感情を入れてますか?

今回は、『聞き方で印象がガラッと変わる』とはまた違った、うまく異性と会話をする秘訣のひとつ『言葉の締めに自分の感情を入れて、会話を膨らませる方法』について紹介していきます。

 

 

 

たとえば、相手の質問に対して、「そうだね。」など一言で終わってしまうことってないですか?

A子さん「今日はご飯食べてきたんですか〜?」
B夫くん「食べてきましたよ。」
A子さん「・・・。」
B夫くん「・・・。」

 

 

残念ながら、これではせっかく片方が話題を持ち出しても、『はい・いいえ』だけの回答では、盛り上がるどころか、あっという間に会話が終わってしまいます。

 

 

 

やはり、一言だけで終わる回答だと、「私の話題には、興味がないのかな?」、「私には話しかけないでというサインかな?」と言う印象を与えてしまいます。

 

 

そのようなことにならないために、はい・いいえの後に『自分の感情を入れる』ことがポイントになります。たったそれだけで、印象がガラッと変わっていくのです。

 

 

 

では、先ほどの会話に、『自分の感情を入れる』ことをしてみましょう。

 

A子さん「今日はご飯食べてきたんですか〜?」
B夫くん「ラーメン食べてきた。たまたま、寄った店だけど、すっごい旨かったよ。」
A子さん「へ〜。どこのラーメン店ですか?」
B夫くん「○○の角にあるラーメン店。○○円とちょっと割高だけど、ぜったいオススメ!」

 

さて、どうでしょうか?

 

 

 

A子さんの「今日はご飯食べてきたんですか〜?」に対して、B夫くんは「食べてきましたよ。」ではなく、まずは食べてきたモノ。つまり、「ラーメン」をプラスさせました。

 

 

 

さらに、『言葉の締めに自分の感情』、つまり、「たまたま、寄った店だけど、すっごい旨かったよ。」を加えることで、さらにA子さんに会話を続けやすい情報を与えることができています。

 

 

 

そうすると、A子さんは、
「へ〜。どこのラーメン店ですか?」
「そんなに美味しかったの?どこの店?」
「私もラーメン大好きなんですよ。」
「昼のラーメンって、いいですよね。」

 

・・・というように、相槌や質問をしやすく、より会話が広がりやすくなるのです。

 

 

 

自己開示で会話が弾む!」で紹介した内容と似ていますが、やはり会話は、相手に興味を持ってもらうため、いかに自分の情報を出すか。これがポイントになってきます。

 

 

 

そうしないと、あなたという人物・特徴をうまく相手にアピールすることができません。
ほんの少しの会話の心掛けでガラッと変わりますので、ぜひぜひ、実践してみてくださいね^^

 

 

 

婚活サイトをうまく利用していますか?

婚活サイトを利用していますか?
婚活サイトを活用すれば、恋活・婚活はよりスムーズにいきます。

 

 

 

ちなみに私は、ある婚活サイトでじっさいにパートナーと出会うことができました。

 

 

 

そこで出会ったのは、もちろん偶然というのではなく、身分証明書の提示が推奨されているため、男女が安心して出会えるようにしているシステムになっているからだと思います。もちろん、サクラもいません。じっさいに出会えます。参考にしてみてくださいね^^

 

詳細はこちら