姿勢や視線も意識して!

姿勢や視線も意識して!

恋活・婚活で初対面の女性と出会うとき、やはり姿勢と視線には、気をつけておきたいところです。もし、あなたが、猫背で視線をずっと下に向けていたら、女性はどのような印象をうけるでしょうか?

 

 

 

きっと、自信がない、暗い、話しにくい・・・など、マイナスの印象しか持たれないことでしょう。これでは、もう恋愛・結婚対象として、見られることがありません。

 

 

「話す内容はどうしよう・・・。」と考えることも大切ですが、彼女と接したときに、表情や視線を意識することも考えておきましょう。

 

 

 

そのためには、まず、猫背ではなく、背筋をピンッと伸ばし、顔をあげること。そして、恥ずかしいかもしれませんが、会話中は、相手の目を見ることを意識してください。

 

 

 

ちなみに、相手の目を見ることが苦手であるのであれば、相手の眉間より少し下あたりを見るといいですよ^^相手からは、見てもらえているという印象を与え、こちらは目を見る必要はありません。

 

 

 

視線で注意しておきたいポイント

相手を見ながら、話すということはとても大事なことです。けれど、相手を凝視してしまっては、逆に「怖い。」という印象を持たれてしまいますし、息苦しくなってしまいます。

 

 

 

そのようなことにならないように、1対1で会話するときは、相手の顔に視線を向ける時間は、接している時間の3〜6割程度に押さえておきましょう。

 

 

 

視線を向けたとしても、視線が合うのは、そのうちのせいぜい3割くらいと言われています。視線を相手に向けても、意外と目が合うことは少ないんですね。

 

 

 

ちなみに、目が合う時間は、2〜3秒程度が理想です。見すぎても、見なさすぎてもダメというわけなんですね。

 

 

 

私の体験談

いつも私の体験談で申し訳ないのですが、「姿勢」ってとても大切です。

 

 

 

私も猫背で顎を出すタイプだったので、はっきり言います。良い姿勢と悪い姿勢では、写メの印象も全然ちがいました。写メではっきりわかるくらいなので、実際会ってわからないはずがありません。

 

 

 

案の定、猫背の自分で、女性からイイ印象を持ってもらったことはありません。

 

 

 

逆に、背筋をよくするとプラスなことがたくさん。意外だったのが、女性の目を逸して話す確率が減ったこと。ひょっとしたら、精神的な部分にもプラスに働くのかもしれません。

 

 

 

芸人のオードリー(春日さん)のように胸を張った姿(あれは極端ですが・・・^^;)をすると、自信を持って見えますし、また、自分自身の精神に自信を与えてくれるかもしれませんね。根拠はありませんが、私の体験談でした。

 

 

 

出会いの数を増やしていますか?

出会いが少ないから、恋活も婚活もうまくいかない・・・と嘆いている人がいますが、それは、出会いの場を増やそうと努力していないのではないでしょうか?

 

 

 

合コンやパーティーは、確かに疲れるので、ペースは落ちてしまうかもしれませんが、婚活サイトは異なります。

 

 

 

じっさい、私の友達も暇な通勤の途中で、婚活をしていました。これなら、無駄な時間も有効に使用することができます。要は、あなたの本気次第で、婚活はいくらでも変わることができるんですね。

 

詳細はこちら