関心を示す一言を言えてますか?

関心を示す一言を言えてますか?

恋愛も結婚もけっして、片方の気持ちだけで成り立つものではないですよね。お互いに相手に対して、関心を持ち共感することで、恋愛対象から「好き」に発展していくものです。そして、「ずっと大切にしたい」と感じたとき、結婚に至ると思います。

 

 

 

そのように考えると、恋活や婚活をするうえで、最初にクリアしなければいけないことは、いかにして、関心を持たせ、お互いに共感を得るか・・・ではないでしょうか?

 

 

もし、好意を持った女性が現れたら、まずは相手の情報を得ることがポイント。

 

 

 

相手の会話の内容だけでなく、ファッションや仕草などからも情報はたくさん得ることができます。それらの情報から、さりげなく、お気に入りの女性に「ひと言」言って、「自分はあなたに関心を持っているんだよ。」と伝えて上げる必要があるのです。

 

 

 

もちろん、軽くがベスト。下手に言い過ぎると警戒させてしまうのがオチだからです。
彼女があなたに対して、プラスのイメージを持たせるには、序盤は軽く・・・が大切なんですね。

 

 

 

相手の関心をひきやすい内容は?

仲良くなってからは、会話もスムーズにできるけど、その前のアプローチをどのようにしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

 

 

 

そこで、相手の気を引きやすいひと言には、どのようなものがあるのかまとめてみました。

 

 

1.衣食住
衣食住は、ちょっとしたひと言を言いやすい部類に入ります。

 

「すてきなアクセサリーだね^^」「自分も同じ地域に住んでるよ。」「あそこのケーキ屋さん、いいよね。」など、言うと相手の警戒心も和らぎやすいですね。

 

 

2.趣味
共通していたり、自分も知っているのであれば、話を盛り上げやすいです。

 

「へ〜テニスしてるんだ。僕も高校のとき、部活でしていたよ。」「映画好きなんだね。最近、僕も○○を見に行ったよ。」などなど。これだけで、しばらく話が続きそうです^^

 

 

 

もちろん、注意点もあります。

 

 

 

たとえば、相手の容姿に関すること。女性は容姿にコンプレックスを抱いているケースが多いので、下手に言うと機嫌を損ねかねません。また、警戒心もグッと高くなる可能性があります。

 

 

 

それよりも、「1.衣食住」のように、女性が持っている小物やセンスの方を褒めた方が、仲良くなる成功率はかなり高くなりますよ。

 

 

 

私の体験談

私が初対面のとき、いつも困っていたことが『会話』でした。

 

 

 

だって、初めて会った人だから何が好きなんてわからないし、どのようなことを話題にしたらいいかわからない。そうして、何を話そうか考えているうちに重い空気が流れ、会話が進まなくなるケースが多かったんですね。

 

 

 

そういうときこそ、とくに序盤は「相手の関心をひきやすい内容は?」で話したように、衣食住・趣味など、当たり障りのない話題から始まり、女性との共通点を探しながら、攻めることがポイントになると思います。

 

 

 

ちなみに「攻める」とは、相手が好きそうな話題と思ったら、「あ〜そうなんだ!」「それって○○なの?」「へ〜。□□なんだね。でも、どうして□□なの?」というように、いまある話題をさらに深め、相手と共感しながら気持ちよく話をさせる流れに持っていくということ。

 

 

 

そして、時折、相槌のなかにも、さりげなく「褒め」を加える。
とくに女性の場合、外見ではなく、モノや精神的なものを褒めると効果ありです。

 

 

 

これができれば、時間もあっという間に過ぎ、女性から好印象を得られる可能性がグッと高くなります。

 

 

 

 

出会いの場を広げてますか?

社会人になると出会いの場は少なくなるものです。だからといって諦めてはいけません。出会いがなければ、自分から真面目に出会いを求めている人たちが集まっている場に飛び込めばいいのです。

 

 

 

真剣に出会いを求めているからこそ、うまくいきやすいのが婚活サイトの最大のメリットではないでしょうか。しかも、女性も有料で証明書の提出義務があるので、サクラなど心配せずに活動することができます。

 

 

 

そんな私や私の友達が出会った信頼できる婚活サイトを紹介したいと思います。ぜひ活用してくださいね^^

 

詳細はこちら