女性の名前を会話に入れてますか?

女性の名前を会話に入れてますか?

合コンや婚活パーティーなどでは、初対面の相手に対して、自己紹介から始まりますよね?

 

 

 

このとき、気に入った相手の名前や自己紹介の内容をしっかりと頭に刻み込んでおきたいところです。最初の軽い雑談の中でもいいので、相手の名前をさりげなくいれておくと、グッとあなたの印象が良くなるからです。

 

 

さらに、自己紹介で言った趣味などの話について、後からそれに触れると、「私の自己紹介をきちんと聞いてくれていたんだ。」と感じてくれますし、そこから話題も広がる可能性があります。

 

 

 

このように、あなたのさりげない一言で、相手の気持ちをグッと引き寄せることができるのです。そのためには、常日頃から、相手の名前と顔を一致させる癖をつけておきたいですね^^

 

 

 

距離を縮めようとして失敗するパターン

好意を持った女性との距離を縮めようとするあまり、プライベートな部分に触れてしまう人もいますが、あまり仲良くなっていないのに、このような点にふれるのは×です。あくまで、最初は、相手の感情を少し刺激する程度を意識してスタートすることが大切です。

 

 

 

あなたが勇気を振り絞って、ほんの少しでも彼女のあなたに対する印象をプラスにさせておけば、警戒心もおのずと解け、少しずつ相手に近づくことが可能となります。そうすると、合コンの中盤以降には、ふたりで会話している・・・なんてこともできるのです。

 

 

 

つまり、ボクシングのように最初はジャブで距離感を測り、最後にストレートで仕留めることが、恋活・婚活を成功させるためのコツなのではないでしょうか?

 

 

 

私の体験談

私の場合、婚活サイト・合コン・街コンでは、かならず名前で呼ぶことにしています。

 

 

 

例えば、私が女性に「名前なんていうんですか?」と聞いたとき、相手が「田中A美です。」と答えたとします。そうしたとき、すかさず「あ、Aちゃんって言うんだ。」と言うと、スムーズに流れていきます。(A美ちゃんではなく、Aちゃんと略しています)

 

 

 

相手も拒絶することもないので、その後も「Aちゃん」と親しみを込めて言うことができますよ。

 

 

 

ちなみに、このやり方は、私より、合コンの上手い人を参考にしたほうがいいです。タイミングや言い方うまいですよ〜。とくに街コンでは、2人1組なので、合コン上手な友達とペアを組むと、間近でその技術を勉強することができます。

 

 

 

 

女性と出会うためにするべきこと

女性と出会うには、やはり出会いがなければ何も始まりません。ただ時間がけが無意味に流れていくだけなんですね。

 

 

 

そのようなことにならないためにも、時間が空いているときに、婚活できるような環境にしておくことが大切です。通勤中や時間を待っているときなどの暇なときに婚活できれば、時間も効率よく使えますし、疲れることもありません。

 

 

 

実際、私の知り合いも通勤中に婚活をして、見事にゴールインすることができました。実際、私たちが利用したオススメの婚活サイトを紹介したいと思います。

 

詳細はこちら