結婚相談所のシステムは?

過去の栄光は役に立たない

 

【質問】Zさんのケースでは…

 

私は学生時代、結構人気のあるほうでした。

 

ですから、結婚相談所に入ってもそれくらい人にモテる自信があったのですが、いまいちうまくいきません。

 

なぜなんでしょうか?

 


 

軽い気持ちでいると・・・

 

結婚相談所を利用している人で、「学生時代はモテていた」「多くの異性の友達と連絡がとれる」などと、交流関係を自慢にする人は少なくありません。

 

特に学生時代にモテていたという人は今でも相手はすぐにみつかるだろう。

 

いざとなったら友人に紹介してもらうから大丈夫だと結婚に対して軽い気持ちでいる人は要注意です。

 

 

モテていたはずなのに・・・うまくいかないわけ

結婚相談所に入会して、活動を始めたところ、思っていたように上手くいかず、驚いているひとが多いのです。

 

 

 

それもそのはず。過去の恋愛と今の恋愛はちがうのです。

 

 

 

学生時代は勉強ができた、スポーツが得意などの理由で人気になる人が多いですが、社会にでてみると学生時代にモテていた要素では全く通用しません。

 

 

 

社会人になると何かがずば抜けて得意という要素より、頼りがいがある、男らしいなど人間性を重視した見方に変化していくからです。

 

 

 

さらに学生時代と違っているのは、異性の恋愛に関する経験値です。社会人になって様々な異性と出会い、恋愛してきた人は目も肥えています。学生時代のあなたでは物足らないはずです。

 

 

 

また、経験を積んできたのは相手だけでは無いはずです。学制時代の考えと今の物事の考え方、異性に求めるものなども違うはずです。

 

 

 

昔の自分と今の自分は全く別ものと考えた方がよいでしょう。

 

 

 

結婚できるうちに行動を

男性の生涯未婚率、知ってますか?とうとう20%を超えたようです。

 

 

つまり、5人に1人が未婚のまま、人生を終えるということなんですね。しかも、数年前より5%増えてますので、年々、その割合は増えてきています。(2030年には29.5%になるとのこと)

 

 

3割近くが生涯未婚に追い込まれることを考えると、真剣に婚活をすべきだと私は考えます。そのためには、まず資料請求からはじめましょう。